『クラウドコンピューティング時代の劇的経費削減』セミナー 満員御礼

『クラウドコンピューティング時代の劇的経費削減』というテーマで、5月21日(金)にセミナーを開催する。
SaaS型Webコラボレーション/Web会議サービスSaasBoardを使って大幅経費削減を実現する道筋をお話しする。この厳しい経済状況、売り上げ低迷状況の中、好評を頂いている。
申込者多数で満員御礼になったのは良いのだけれど、いまだに申し込みを頂いて、お断りするのを大変申し訳なく思っている。 毎月行うセミナーで、同じテーマで来月6月18日(金)に開催するので、今回参加できなかった方々は是非次回に申し込みいただきたい。 

さて、このセミナーの目的(ねらい)だが、分かりやすくは「劇的(大幅な)経費削減」ということをどう実現するのか?という内容なのだが、もっと深いところでは「社会インフラへの低依存社会の実現」、「エネルギー低消費社会の実現」というテーマが流れている。直接の手段は移動を無くす(減らす)という道筋の延長線上に、CO2排出削減、そして「社会インフラへの低依存社会の実現」、「エネルギー低消費社会の実現」がある。このあたりのところについては、近日中にお話をしてゆきたい。

 

年代を超えたコラボレーション

Web会議をSaaSでサービスしています、ニューロネット株式会社です」と、東京商工会議所の集まりで挨拶した。しかしちょっと場違いな雰囲気を感じた。昨日の事である。いろいろな業種の方々が来られている。いつもITやインターネットに浸かっている私自身であるが、そう言った異業種の交流会でいろいろな方々とお話しすると、刺激を受けたり考えさせられたりする。「後期高齢者ですよ」とにこやかに話してくださった方もいらっしゃった。「同年代がもっと働ける環境を・・」ともおっしゃっていた。Webコラボレーションで年代を超えたコラボレーションをしてゆきたいものである。

タイムトラベルとWeb会議

誰でも一度は過去や未来に行ってみたいと思った事はあると思う。
あのホーキンス博士の話だが、「タイムトラベルは実現可能」という見解を語ったという。
博士は科学的根拠に基づいてお話されているが、できるかどうかは別にしても夢のある話で良いと思う。「「もし、光速に近い速度で飛行する宇宙船で、1日宇宙を航行したなら、地球上では1年の月日が過ぎている。」ということだから、未来への飛行が可能という事だ。
Web会議を使って遠くの、そう海外の友人と話していると、ふとタイムマシンに乗って未来へ先取りして行った感じがする。飛行機に乗って現地(米国)へ行き、彼(彼ら)と会って話をするとすれば少なくとも10時間はかかる。その時間を一気に無くして彼(彼ら)の顔を見ながら、時には彼(彼ら)の窓の外の風景も見せてもらいながら、米国の臨場感たっぷりに会話ができると、時間を超えて未来の彼らと話せているようだ。Web会議で、しばし夢の世界に浸るのも良い。

Interop 2010へ出展予定

今日明日をお休みにして11連休という豪華な休日を過ごす方もいらっしゃるかもしれないが、4月の花見やゴールデンウィークが終わり、浮かれた気分から、本格的なビジネス時期に入った。我々ニューロネット株式会社も来月初旬に催されるInterop 2010に出展するので、その関係の準備で忙しくなる。プレスリリースまでは伏せておくが、新しい形のWeb会議を発表する。その開発も最終局面を向かえ、今週末には仕上がる予定だ。また、ブースの展示方式や備品、手伝って下さる人たちのスケジュールなど、小さなブースではあるが出展するとなるといろいろと手配、調整しなくてはならないので大変だ。現実の世界での展示会に加えバーチャル展示会もやってはどうかと思う。いくつかのサイトでは始まっているが、バーチャルだとその準備も質的に違う面はあるが、量的にはある程度緩和できるように思う。展示各社とその関係者が準備のため、そして実施時に排出するCO2の量、使用するエネルギーの量を考えると、ずいぶん違ってくるのではないかと思う。