HTML5で何が出来るか?

今日は、HTML5で何が出来るか?各ブラウザの実装状況などのお話を、社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)で聞いてきました。
まだ草案段階で勧告は2020年頃というから随分先になりそうですが、実際はブラウザによっては相当実装が進んでいます。意外だったのがマイクロソフトのIE(インターネットエクスプローラ)が対応遅れになっていること。FirefoxやSafari、Chromeでは70%~80%ほど実装されているのですが、IE8では25%程度と未実装状態と言っても良いくらいです。
クラウドやSaaSという世界もひとつの未来環境。動画や音声という世界ももう一つの未来環境。未来のコンピューティング環境にマイクロソフトをはじめとするこれまでのコンピューターメーカー、ソフトベンダーはどう対応してゆくのだろう?

続きは Web会議室で遠隔会議 【仕事と日常の徒然コラボ】 にて・・

Web会議出席が取締役会に認められるか?

Web会議で取締役会に適用・参加が認められるか?というテーマで、本日、弁護士の意見を伺いました。
明確な答は未だ出せない、という見解で、明確に否定されたわけではありません。可能性としては大いにあるという意見も頂きました。法務省に一度相談に行ってみれば良い、とのアドバイスもいただきました。

この続きは Web会議室で遠隔会議 【仕事と日常の徒然コラボ】 でお読みください。

SaasBoardアプリケーション共有機能は権限者のみが実施で安全

Web会議/WebコラボレーションSaasBoardの新機能追加を、この10月に行います。 そのひとつがアプリケーション共有機能です。これは、画面共有を行っている人の画面操作を権限者が行えるもので、共有表示している文書を別の人が遠隔で編集できる機能です。また、文書に限らず画面操作が出来ますので、カスタマーサポートなどの業務にも使えます。相談相手の画面を直接操作し、修正や変更が出来ますので、問題対処がすばやく出来るようになります。この操作権をもてるのは権限者のみですので、安心です。

ビジネス用サイト http://saasboard.jp は10月にリリース予定ですが、
デモ・試用サイト http://saasboard.net には既にリリースされています。

試用はフリートライアルからお申し込みください。

録画録音機能、アプリケーション共有機能、高速画面共有機能

Web会議/WebコラボレーションのSaasBoardの新機能を、この10月にリリースします。
録画録音機能、アプリケーション共有機能、高速画面共有機能です。
デモや試用にお使いいただいていますサイトhttp://saasboard.netには、既に実装いたしました。

録画機能自体は既にSaasBoard全サイトのセルフチェックに実装していましたが、これをSaasBoardの中の映像・音声パネルに適用しました。録画録音したものを見るにはログ管理(会議履歴)から見ることが出来ます。

アプリケーション共有は、画面共有パネルに付加しました。画面共有のボタンの右横に付けています。このチェックボックスをONにすると、画面共有を行っている人の画面を操作することが出来ます。共有中の文書内容を変更することが出来るようになりました。また、カスタマーサポート業務を行っている方々には、相談相手の画面を直接操作し問題を解決できるようになりました。
画面を操作できるだけに画面共有を行っている方は心理的に不安感が出る場合も有るでしょうから、この操作が出来る方は、「権限者」(デフォルトは会議オーナー)のみとしています。

高速画面共有機能は、これまでの画面共有機能を3~5倍ほど高速に実施することが出来る機能です。現在の画面共有を10月になったら置き換えます。早くなった効果でパワーポイントのアニメーションやYouTubeなどの動画再生が、より自然になりました。画面共有自体の遅さにストレスを感じることも無くなりました。

この開発がほぼ完了しましたので、次はいよいよAPIを提供して行きます。
SaasBoardは、どんどん進化して行きます。

Web会議/Webコラボレーションのニューロネット株式会
(Web会議・WebコラボレーションSaasBoardを感じてみませんか?)

ニューロネット株式会社ホームページサイトのリニューアルのお知らせ

本日9月11日付けでニューロネット株式会社ホームページをリニューアルします。
これまでのページは2009年から使ってきましたが、製品やサービスの新規提供、販売方法の拡大に伴い、今のサイトでは分かりにくくなっていました。
本日リリースするサイトで分かりやすくなったと思います。

これまでのサイトもアクセスすることが出来ます。
http://www.neuronet.co.jp/jp/
これまでのニューロネット株式会社のサイトです。

これからも皆様の御要望に応じて開発や販売方法を拡充してゆきます。
これからもニューロネット株式会社そしてSaasBoardをよろしくお願いします。

Web会議アプライアンスサーバーとWeb会議パッケージ提供を開始

ニューロネット株式会社(代表取締役社長 前川博文 東京都渋谷区神宮前4-1-24オフィスイワタ第1-2F)は、顧客内にサーバーを設置し、Web会議を利用できるサービス、SaasBoardアプライアンスサーバーと、大規模顧客向けに指定データセンターへWebコラボレーションSaasBoardを導入するSaasBoardパッケージの提供を開始すると、本日発表した。
同社はSaaS型のWeb会議/WebコラボレーションサービスSaasBoardを提供しているが、これにハードウェア一体型のアプライアンス提供、ソフトウェアパッケージ提供を加えることで、更に顧客の広い要望に応えるという。

■SaasBoardアプライアンスサーバーおよびSaasBoardパッケージについて
SaasBoardアプライアンスサーバーは、サーバーハードウェアにWeb会議SaasBoardを設定した専用サーバーを提供し、導入した顧客社内のネットワークに接続して運用できるサービス。
また、SaasBoardパッケージ提供は、数千人~数万人の大規模利用者を擁する企業が指定するデーターセンターへ同社のSaasBoardソフトウェアをパッケージ導入するサービス。
近年、クラウドコンピューティングやSaaSが徐々に浸透してきているが、情報漏えい懸念や自社独自の運用の面から、自社内にサーバーを設置したい、あるいは自社の指定するデーターセンター(プライベートクラウド)で運用したい、という要望も根強い。そう言った声に応えた(前川社長談)
アプライアンスサーバー提供、パッケージ提供いずれも、契約からサーバ導入調整・引き渡し・運用サポートまで、ワンストップで提供するので顧客の面倒は一切無いという。

■SaasBoardアプライアンスの特徴と価格
SaasBoardアプライアンスサーバーは下記の3タイプが提供される。
(1)    SaasBoard/Collaboアプライアンス
同社選定のサーバー用ハードウェアに、ID型WebコラボレーションシステムSaasBoard/Collaboと顧客が指定するID数を設定し納品。ID数は100ID以上1,000IDまで設定可能。月額利用料は2,000円×ID数。
(2)    SaasBoard/Roomアプライアンス
同社選定のサーバー用ハードウェアに、会議室型Web会議システムSaasBoard/Roomを、顧客指定RoomタイプおよびRoom数を設定し納品。たとえば100名同時利用できるRoom100を1室、同50名用Room50を3室、同18名用Room18を8室というように設定できる。総合した延べ収容人数(拠点数)が50以上500まで設定可能。前記の場合、延べ収容人数(拠点数)は100+(50×3)+(18×8)=394となる。月額利用料は1,200円×述べ収容人数(拠点数)。
(3)    Collabo/Room複合アプライアンス
同社選定のサーバー用ハードウェアに、ID型WebコラボレーションシステムSaasBoard/Collaboと顧客指定のID数、および会議室型Web会議システムSaasBoard/Roomを顧客指定Roomタイプ、Room数を設定し納品。CollaboのID数とRoomの延べ収容人数(拠点数)の合計が50以上500まで設定可能。月額利用料は2,000円×ID数+1,200円×述べ収容人数(拠点数)。

いずれのタイプも初期費用500,000円(初回のみ)、設置費用別途見積りが必要。利用条件は、100Mbps以上の専有LANでの使用、3年契約、4年次以降は月額利用料半額という。

■SaasBoardパッケージの特徴
携帯電話のように、Web会議がいつでも必要な時に使えるように、全社員にIDを割り当てる大規模ユーザーも増えてきている。また、社内の会議室がいつも予約で満室で必要な時に利用できない企業も増えてきている。こういったユーザーのために、顧客が指定するデーターセンターへSaasBoardソフトウェアパッケージを導入し、顧客のプライベートクラウド構築を支援する。(前川社長談)
SaasBoard/Collaboパッケージであれば1,000ID以上、Saasboard/Roomパッケージであれば延べ収容人数(拠点数)500以上、Collabo/Room複合型であればID数と延べ収容人数(拠点数)の合計が500以上の要望に応える。価格は規模によりボリュームディスカウントのため同社へ問合せ。( info@neuronet.co.jp )

■ニューロネット株式会社について
ニューロネット株式会社は、『偏りのない情報社会、豊かなインターネット社会を実現する仕組みづくり』を標榜し活動を開始。SaaS/ASPサービスSaasBoardの提供でこの目標を推進している。移動の低減によるCO2排出削減への貢献、不動産・交通・電力などの社会インフラへの依存低減、地方と中央の差のない社会、低エネルギー社会、自然豊かなクリーン社会の実現へ貢献してゆくことを事業目標としている。

■連絡先
ニューロネット株式会社 
代表取締役 前川博文
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-24 オフィスイワタ第1-2F
電話: 03-3202-2992
電子メール: info@neuronet.co.jp
ホームページ:http://www.neuronet.co.jp