FinTech(フィンテック)におけるMoshiMoshiInteractiveの活用

【ニューロネット株式会社 マーケティングブログ】

昨年あたりからWebニュースや新聞などで
よく目にするようになった言葉の一つに「FinTech」が挙げられます。

FinTech(フィンテック)」は、

“Finance(ファイナンス⇒ 金融)”+”Technology(テクノロジー ⇒ IT技術”

という二つの言葉を組み合わせて作られた造語で
IT技術を使ってお金に関連した新しいサービスが日々誕生しています。

「お金の管理を分かりやすくしたい」
「お金の管理を便利に行いたい」
「お金の決裁を簡単に行いたい」

こういった声やニーズに対してIT技術を活用してその課題や悩みに応え、
より便利で、より生活に身近な形でお金を扱えるようにしようという動きが
ベンチャー企業や大手金融関連企業を中心に加速しています。

FinTechビジネスでは、主に資産管理や決済、融資に関連した
新しいサービスが話題を集めてますが、
弊社の映像型コンタクトセンターシステム「Moshi Moshi Interactive」も
金融業界での新しい顧客応対サービスの一つとして注目されています。

これまでお金に関わる相談や問い合わせの際は、銀行や証券会社へ
電話・メールで連絡をするか、店頭窓口にわざわざ出向くしかありませんでした。

しかし、映像型コンシェルジュ「Moshi Moshi Interactive」を活用することで、
店頭窓口に出向かなくとも、自宅や出先のPCからチャットボタンをクリックするだけで、
お客様はいつでも、どこでも店頭での対面接客と同じようなサービスをネット上で
受けることができる
ようになるのです。

相談員とお客様がオンライン上で対面接客・対面営業できる時代は、すでに来ているのです。

ニューロネット株式会社