スカイプとSaasBoardはどう違う? 通話アプリのイロハ

さまざまなSNSツールが普及し、ウェブ上でのコミュニケーションが一般的になりつつある現代。ただし今でも、簡単にビデオ通話を…というと、まずSkype(スカイプ)を思い浮かべる方が多いのでは? スカイプは2004年に正式版が公開されて以来、度々の機能拡張を経て今では非常にポピュラーなコミュニケーションアプリのひとつとなりました。

ニューロネットのウェブ会議システム「SaasBoard」はネットワーク経由で使えるSaaSモデル。プログラム配布型のスカイプとは少々形態が異なる部分もありますが、今回は両者の機能を比較してご紹介していきたいと思います。

human-1138001_1920

共通機能

まずはじめに、スカイプとSaasBoardではともに2者間・グループ間での音声通話、ビデオ通話、チャットなどの基本的なやり取りが可能です。またファイル送信や画面共有など、会議に大活躍する便利な機能も共通しています。

SaasBoardのメリット① ~SNSプラットフォーム

システムにログインすると、メッセージ受信箱やグループ一覧、開催予定の会議情報などを集約したプロフィールページが表示されます。このページからスケジュール確認やログの共有などさまざまな操作が可能であるため、SaasBoardではこれを知識ベースとしての「SNSプラットフォーム」と呼んでいます。

スカイプでもOutlookとの連携でスケジューリングは可能ですが、SaasBoardではすべての操作をひとつのプラットフォーム上で行うことができます。

 

SaasBoardのメリット② ~ホワイトボード

SaasBoardの目玉機能といえるのが、従来の発想を超えたこの「Webボード」。文字の打ち込みや手描きピクチャはもちろん、写真、音声、動画、ひいてはExcelやPDFなどのドキュメントも画面に貼り付けることが可能!

しかも貼り付けたExcelシートはそのまま編集もできるという、これまでのWebシステムにはない画期的な機能です。HTMLやURL、プログラミング言語など、ウェブ上で動作するものならすべて貼り付けて動かすことが可能。ビデオ通話をしながら、画面上で「Webコンテンツが動かせる」ボード、これこそ次世代のコミュニケーションといえるはず!

 

SaasBoardのメリット③ ~アプリケーション共有~

画面共有を行っている場合に、相手の画面を操作できる機能です。たとえばカスタマーサポートなどでは、お客様の画面を直接操作することによりすばやく問題対処を行うことができます。画面の操作は権限を持つユーザ(デフォルトは会議のオーナー)のみ可能であるため、万が一の心配も不要です。

 

いかがでしたか?スカイプはもちろんすばらしい通話アプリで、全世界でも圧倒的なシェアを誇る大ベテラン。その点、SaasBoardでは通話機能に加えて、より視覚的なコミュニケーションを重視した機能を多数搭載しています。アプリの優劣ではなく、利用側のニーズに応じて最適なシステムを選びたいですね!

 

ちなみにSaasBoardはスカイプを組み込んで使うことも可能です。音声のやり取りはスカイプを使いながら、ビジュアル面はSaasBoardで。双方の良い点のみを利用できるだけでなく、スカイプの機能で相手がオンラインか離席中かすぐに分かるのも便利な点のひとつです。

 

SaasBoardと他社ウェブ会議システムの比較表は、こちらよりダウンロードいただけます。

スカイプのセキュリティ問題とウェブ会議のメリットについての資料はこちら

 

ニューロネットへのお問い合わせはこちら

無料・低価格Web会議SaasBoard 概要(2) 『次世代型Web会議要件(1)』

SaasBoard概要5_480.jpg

Web会議が生まれて5~6年ほど経ちますが、インターネット/Webの世界の5~6年は、一世代あるいは二世代前という事が出来ます。Web会議は既に次世代の考え方を持つものが生まれてきています。その要素となると思われるものを上記の表にまとめてみました。

Web会議はテレビ会議の簡易版、手軽なテレビ会議として生まれてきましたので、社内の遠隔会議を効率化するということを、まず実現する方向に進んできました。これまでの企業活動であれば、それだけに終始していればよかったのですが、混迷の時代のこれからは、企業間、業界間、国際間を超えてコラボレーションする必要があります。これまでのように社内の拠点間だけでなく、国内・国外ともにシームレスにつながり、情報の共有が出来なければなりません。

これを実現する考え方として、SaasBoardはSocietyという概念を導入しています。Societyという単位で企業や学校、団体を独立管理体としてカプセル化し、そのSociety間の通信を可能とすることで、企業間、国際間がシームレスにつながる構造を提供しています。
つまりSaasBoardユーザーであれば、だれでもつながり、情報の共有も可能な構造になっているのです。これは後ほど述べますが、情報を知価に高めてゆく構造の基盤ともなっています。

一般的Web会議サービス(システム)は外部の方をメールで招待するという構造を取っていますが、これでは内と外で情報の共有度合いに差が出てしまい、シームレスなコラボレーションは出来ません。SaasBoardはSociety構造によりこれを解決しています。

無料・低価格Web会議SaasBoard

明けましておめでとうございます。今年も無料・低価格Web会議SaasBoardをよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます。

昨年は多くの方々に無料・低価格Web会議SaasBoardを御支援頂き、御礼申し上げます。

事業開始1年が経ち、今年はお客様方々のWeb会議ソリューションへの熱いまなざしの中、本格的に事業展開を図って行きます。

まず、新春に大きく機能強化したWebボード3.0をリリースします。また、映像・音声系の、より高画質・高音質バージョンを3月までに御提供できる見込みです。加えて、Android端末GalaxyやiPhoneなどのスマートフォン対応、グループウェア、ERP、CRMなどのシステムとの連携APIの提供など、お客様の御要望にお応えしてゆきます。

更なる機能強化で明日のWebコラボレーションプラットホームを目指す、無料・低価格Web会議サービスSaasBoardを今年もよろしくお願いいたします。