暗黙的リンク

某所より引用.

コメントとか言及ってのはそんなに明示的にするべきだとは限らなくて、リンクなんか張らなくても、何か参照されてるっぽいな、ってのは感じるものだと思います。経験的には、半分以上の確率で、その感覚が当たってる。あんまり明示化しすぎると、それはそれで窮屈だと思うんですね。直接の言及でなくても、実は第三者を通じて発話の内容が届いてた、ってこともありますし。

例えば,あまりにいいコメントだったのでこうして引用して,しかし相手にリンクを張りづらく,相手さんとはよく話す友達でここ読まれてることも判っているから了解してもらえるだろう,というこの微妙さを可能とするものは,ないよりはあるほうが良い.
だから窮屈さというのはよく判るんだけど,暗黙的なリンクは相手に対するネガティブなコメントに使ってしまいがちなところが,どうにもそれを屈託なしには主張できない理由になってる.リンクにまつわる物事は,助平,という言葉でもってまわりくどく愛してやるくらいが私にとっては限界みたい.

リンク行為

昨日は光の人と夕食.アンテナ*の話とか.
*指定されたWebページリスト(主に日記・ニュースなど)を巡回し,更新時刻順に並べ替えてWeb上のリンク集として表示するシステム
アンカータグはWebページ間を繋ぐ構造に過ぎないので,かえってその使い方を意識させられる.せめて辞書的な意味など定義されていれば良いのだが,その意味は文脈に酷く依存している.例えば,A氏がB氏のページを参照するアンカータグを記述しただけではA氏がB氏のことを好きか嫌いか判らない.そもそも,そんな風に記述者の深い意図までを想像してしまいがちなところが用法の世界である.(アンカータグはただのSyntaxであるが,リンクは Pragmaticsである,と言い換えてもいい.) リンク行為という言い方もそれなりに通りがいいらしい
私は人のWebページへリンクを張る際,リンクページとアンテナとを使い分ける.リンクページには長い目で縁を持ちたい人を載せる.アンテナのほうは半ば挨拶代わりでお友達から始めましょう,という具合である.そのため,アンテナのほうの登録サイトは新しい人に会ったり会わなくなったりでころころと変わる.こうしたリンクページの文脈というのはけして私一人で作り上げたものではなく,私のリンク先の人々との間で暗黙的に了解されていったものであるように思う.
日付や時刻に依存した内容の多い日記サイトではアンテナへの登録が喜ばれるように思う.しかし,かつてイラストを発表しているページをアンテナに登録したとき,アンテナは勘弁してほしいと先方から連絡を受けたことがあった.自分が日記を書くようになって忘れていたが,最新性を求めない類の絵や物語コンテンツの場合は,更新に関わらず何度も見に行くし,見に来てほしい.そういうことがあって,絵のリンクページをまた別に作成した.
Trackbackのpingを送ることのドキドキ感について前に書いたが,リンク行為ももちろん,どんな風に思われるかな,なんて,リンク先の人のことを意識してしまう助平なリンク好意である.落ち込んでるときにはリンク厚意を受けることもある.
リンクのもっといやらしい話をすると,相手に好意を寄せて相手のことを暗に言及しているのにリンクを張るのは恥ずかしくて出来ないということがある.アンカータグの存在しない世界ではそれは単なる恥じらいであるが,アンカータグの存在する世界では,あえてリンクを張らないことがむっつり助平であるように思えて二重に恥らってしまう.かつて,ハイパーリンクなんか滅びてしまえ,と言ったことがあるが,それはこうした人情の機微のわずらわしさ故である.
なお余談ではあるが,ハイパーリンクのSemanticsを記述する手法としては,Xlink(XML Linking Language)がある.
<myarc
xlink:type=”arc”
xlink:title=”My Love”
xlink:from=”me”
xlink:to=”you”
xlink:arcrole=”lovers”
xlink:show=”embed”
xlink:actuate=”onLoad”/>
こういう恥ずかしいことが書けるってのは,やはりよく出来た仕様である.
(明示的な意味を記述するにこれほど相応しくない内容もないのだが.)

風邪と分身エージェント

気温の急激な変化についてゆけず週半ばより風邪.
39度の熱が出るに至って,いくら着込んでも体の内から寒気がする,という描写が単なるレトリックでないことをはじめて知った.セラミックファンヒーターを使って手足を焼くように熱してもいっこうに赤味が差してこない.体温を保持するために毛細血管が収縮しているのだと思うが,熱しても温かくならないのは不気味で,手足の先から凍えてゆくような気がしてならない.
私にとって一番身近な他者といえば制御出来ない病身であって(ほらよく言うじゃない,「体が自分のものじゃないみたいだ」って),そのほかにも他者らしい存在が沢山いると信じる理由はひとまずそれで足りている.身近な他者と言えば声や文字も浮上した先から独り歩きしてゆく.分身エージェント(本人の代理として会話/プレゼン可能なエージェント)というコンセプトも自分を云々するというよりはその種の他者を使いこなせるようにするものと考えている.
つまり,文書も分身エージェントも表現としては独り歩きせざるを得ないが,少なくとも分身エージェントは表現が利用者によって理解される様子を本人へフィードバックすることが出来る.
フィードバック(会話ログ+内部状態)は,短期的には本人による質問応答データベースの追加改訂を支援するものである.また長期的には表現がどのような解釈,印象,示唆を生み出し得るのか,という「表現の受容のされ方のモデル」を本人が獲得する過程を支援するものである.

microcontent (マイクロコンテンツ)

「マイクロコンテンツ」という言葉は現在,領域によって異なる意味で使用されている.
1.Weblog界
 Weblogの一つ一つの記事の総称.個人の主観に基づいて作成された,一つのまとまりを持つコンテンツ断片.
 記事サイズの上限は,おそらく以下の要素から影響を受ける.
 ・タイトル,カテゴリ情報を付与することが普通であるため,1つのマイクロコンテンツには1つの話題について記述する.
 ・Web上の記事作成インタフェースがシンプル(編集機能が少ない.一度に表示可能な行数が少ない.)であるため,長文作成には向かない.
 当ページのMovableTypeの場合,記事作成中,一度に表示できる文章は10行であり,30行を超えると編集がかなり辛い.
2.コンテンツ業界
 携帯電話,PDAなど表示領域が小さく,ストレージや処理速度など計算機資源の限られた機器用のコンテンツ.
3.Webユーザビリティ
 Webページや電子メール本文(マクロコンテンツ)をごく短く要約したもの.タイトル,見出しテキスト,Subjectのこと.40~60文字.
 Jakob Nielsen’s Website(ウェブのユーザビリティ研究.publications
 Microcontent: How to Write Headlines, Page Titles, and Subject Linest

1,2,に共通するのは,
・作成コストの低さ
・コンテンツ流通環境の整備
・マイクロコンテンツ蓄積への期待 
 「コンテンツ」は一日にしてならず.
 情報の厚みは時を重ねることによってしかもたらされない.
・ネットワーク効果への期待.

MMORPG世界における経済

Gridの人と光の人と夕食.
MMORPG(Mass Multiplayer Online Role Playing Game)世界における経済の話,はもっと理解してから書きたい.とりあえず,ラグナロクオンラインでは世界に流通する貨幣の量が無限に増えてゆくということだけメモ.
あと,ウルティマオンラインが参加者数を制限しているのは,仮想世界でありながら不動産があるためである.

MMORPGのコミュニケーションチャンネル

Gridの人と光の人と夕食.
Gridの人から聞いたMMORPGにおけるコミュニケーションチャンネルの話.
ラグナロクオンラインでは指定した仲間にしか聞こえないプライベートな会話チャンネルと,一定の範囲内の誰にでも聞こえてしまうパブリックな会話チャンネルの二つが用意されている.しかし,複数の仲間とプライベートな会話チャンネルを利用している最中に,さらにその中の特定の仲間と会話したいときは,逆にパブリックな会話チャンネルのほうを用いて話すことがあるという.
なるほど.ゲームシステムの用意したプライベート,パブリックという機能は必ずしも言葉通りに利用されることはなく,二つ別のチャンネルがある,という多重性そのものを,人はどちらが現在主たるコミュニケーションチャンネルであるかを認知しながら,うまく使いこなすものである.

はてなとキーワード

はてなユーザの友人と夕食.
はてなダイアリーのキーワード機能について興味深い話を聞いてきた.自分で確認していないため厳密な話は出来ないが,現時点でのコメントと共にリストアップしておく.
▼機能あれこれ
・辞書の共同作成
 ダイアリー参加者は自分の日記中の名詞に解説をつけて,誰でも閲覧可能な辞書へ登録できる.
 辞書へ登録することのメリットは,登録キーワードを含む日記に対して辞書から自動的にリンクが張られることである(更新時刻の新しい順).これによって自分と興味の似た人の日記を探すことが出来る.
 キーワードは重複登録を認めると同時に,他人が登録した解説に修正を加えることも可能.
 修正の確定には一週間の猶予があり,その間に異議を唱えることもできる.
 同じキーワードがいくつ登録されてもいい多元性と,他人の解説を修正してしまえる一元性が同居している.合意形成の過程として見ると面白そうだ.
・日記から辞書への自動リンク生成
 自分の書いた日記から名詞が抽出され,自動的に辞書へのリンクが生成される.
 リンク対象となる名詞はデフォルトでは全部であるが,日記を書く都度人手で外すことも出来る.
 
 はてなダイアリーを見ていると固有名詞の抽出に失敗してるのをよく見かけるが,これはキーワード登録数を増やすことによって地道に改善するつもりなのだろう.
・日記への自動キーワード付与
 自分の書いた日記から名詞が抽出され,日記の内容を示すキーワードとして自動的に付与される.デフォルトで全名詞がキーワードとなるが,適切でないものが交じっていれば日記を書く都度,人手で外すこともできる.また,キーワードの付与された日記は,辞書ページの各キーワード項目から自動的にリンクされる.
 自分で一からキーワードをつけるのはやってられないが,あらかじめ抽出された名詞にチェックボックスをつけたり外したりならば出来るかもしれない.
▼利用法についてあれこれ
 キーワードを介して同じ興味を持つ人を探すには便利だと言う.逆に,自分の属しているコミュニティを明示的に知られたくないときには困る,と彼は言っていた.ある瞬間,同じ話題について話していれば自然,あるキーワードの下にずらりと身内のURLが並ぶことになる.(それが嫌なら上の自動キーワード付与をいちいち外す必要がある.)
 自動的に人と人とをリンクしてくれるシステムは,相手との間に暗黙的なコミュニケーションチャンネルを結ぶことを難しくもするということだろう.当たり前といえば当たり前であるが.

ページの価値

どうもです 🙂
で,またTrackbackしてみたり.
ハイパーリンクのみでページの価値を決めるのは意味の深みに落ちないアドホックでリーズナブルな方法だったわけだけど,また別のアドホックが必要になってきているのかも知れない.
Semantic webが目指すように,コストに見合う価値があるならページに明示的な意味を付与するに越したこたぁないわけだけど.
リンクからページの価値を求める現在の技術が出てきたのは1997から1998のこと.もう5年も経ったわけだから,リンクトポロジーとページの価値との関係はずいぶん変化してそうなものである.
GoogleのPageRank(まだ読んでないけど)
Sergey Brin and Lawrence Page, “The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine” , 7th International World Wide Web Conference, 1998. (ページは未調査)
HITSアルゴリズム
J. Kleinberg: “Authoritative sources in a hyperlinked environment”, Proc. 9th ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms, 1998. Extended version in Journal of the ACM 46(1999). Also appears as IBM Research Report RJ 10076, May 1997.

月が替わったときの表示

最新エントリーが先月のものだった場合,
月が替わったらトップページにエントリーが表示されないことに気付いた.
真っ白.
計算機から(お前なんか消しちゃる)と言われたようで,これは寂しい.