iOS9でのSaasBoard/Papaarアプリご利用について

iOS9においてもSaasBoardおよびPapaarアプリはご利用可能です。
なお、iOS9でのOS仕様変更により、メール招待状から入室する際、下記写真のダイアログ「このページを”SaasBoard”で開きますか?」(Papaarの場合、SaasBoardの部分はPapaarと表示されます)が表示されるようになりました。
「開く」ボタンにタッチしてご入室ください。

ipad.jpg

Firefoxで画面共有・リモートデスクトップ(Java)を利用開始する方法

画面共有・リモートデスクトップをご契約の場合、

Firefoxでは入室時に次のようなダイアログが表示されることがあります。
画面共有・リモートデスクトップを有効にするために、次の操作を実施してください。
FirefoxJava01.jpg
この場合、「許可…」ボタンを押してください。ボタンを押すと、次のようなダイアログが表示あsれます。
Java について、「常に許可」を選択して「OK」を押してください。以上で画面共有・リモートデスクトップを利用できるようになります。
FirefoxJava02.jpg



なお、上記のダイアログは、下の画面写真のプラグインアイコン(赤丸で囲った部分)をクリックするといつでも表示することができます。

FirefoxJava03.jpg

Android 5.0 における 弊社アプリに関する不具合

お客様各位

平素は弊社サービスをご利用頂き、誠に有り難うございます。
Android の最新OSである Android 5.0 では 開発元のGoogle社の問題により、アプリをインストールできない等の不具合の発生する場合のあることが判明いたしました。弊社のサービスのAndroid アプリ版(SaasBoard, もしもしConcierge, Voisaar, Papaar, スマートウェディング)もこの影響を受けます。
参考:Google社の問題に関するAdobe社からの発表
▼ 不具合の発生する Android端末
Android 5.0へOSをアップデートした端末
(5.0.1では問題は解消されています)
▼ 不具合の内容
・弊社アプリをインストールできない
・インストールしていたはずのアプリが消えている
▼ 対応
お客様にはご迷惑をお掛けしますが、OS側の不具合であるため、
現在 Google社による修正が進められています。解決までしばらくお待ち
下さい。

(2014/12/9追記 本問題の解消されたAndroid 5.0.1の提供準備中であることがGoogleより発表されました。現在5.0をご利用中の方は、Android 5.0.1のアップデート配信をお待ちください)

また、現在、Andoid 4.x をご利用の場合は、Android 5.0へのアップデートを解決までお控えください。
よろしくお願い致します。
【お問い合わせ先】 

ニューロネット株式会社サポートチーム
support@neuronet.co.jp

SSL 3.0 の脆弱性対策について

お客様各位

平素は弊社サービスをご利用頂き、誠に有り難うございます。

2014 年10月14日に、ネットワーク通信における暗号化プロトコルSSL 3.0において、深刻な脆弱性(POODLE)のあることが発表されました。
(【詳細】 情報処理推進機構・情報セキュリティ SSL 3.0 の脆弱性対策について(CVE-2014-3566)

弊社では、本脆弱性への最善の対策として、暗号化プロトコルを利用するサーバにおいて、サービスへの影響を確認しながら、SSL 3.0を無効化する措置を順次進めております。

弊社の通信サービスの全て(SaasBoard、MoshiMoshiInteractive、SmartWedding、Caqico等)について、本措置による影響は特にございません。

弊社Webサイトでは、本措置によりお客様が Internet Explorer 6 をご利用の場合、お問い合わせフォーム等の一部ページにアクセスができない可能性がございます。これは Internet Explorer 6 の持つセキュリティ脆弱性によるお客様の個人情報漏洩を防ぐための措置となります。

Internet Explorer 6 から上記フォーム等へアクセスされる場合は、お手数ですが、以下の手順でセキュリティ設定をご変更ください。

(1) Internet Explorer の「ツール」メニューの「インターネットオプション」を選択する
(2) 「インターネットオプション」の「詳細設定」タブを選ぶ
(3) 「詳細設定」タブの【セキュリティ】項目にある「TLS 1.0
を使用する」にチェックを入れる

※ 2014/10/23 追記
弊社サーバ・サービスにおける上記 SSL 3.0の無効化措置を終えました。

【お問い合わせ先】 

ニューロネット株式会社サポートチーム
support@neuronet.co.jp

【SaasBoard・画面共有】Oracle社 Java 7 update45の問題について

SaasBoardで画面共有をご利用のお客様へ
(下記問題は10月19日に解決済みです)

対象: Room Regular コース、Collabo Regular コース、Personal Regular コースをご契約のお客様
問題: 米国時間2013/10/15に公開された Java7 update45 について、ご利用中のPCでのJavaアップデートを行われている方は、Java 提供元の Oracle 社の発表している問題に起因して、「このPCの画面を共有する」ボタンを押して画面共有を始める際に、あらたに下記のようなダイアログが表示される不具合が発生します。

画面共有開始のため、[許可する] ボタンを押す操作をお願いいたします。

このダイアログはブラウザのウィンドウの裏側に隠れて表示されている場合がありますので、画面共有が開始しない場合には、いったんブラウザのウィンドウを最小化して、下記ダイアログが開いていれば [許可する] ボタンを押してください。

JavaDialog.png

現在、上記 Java の問題に起因する不具合について、弊社のほうで回避し、ダイアログが表示されないよう修正作業を進めております。

追記:上記問題は10月19日に解決済みです

Adobe社Flashのバグについて

InternetExplorerをご利用の方の一部からWebボードのテキスト入力ツールで入力した文字が化ける問題が報告されております。問題の発生条件と解決方法についてご連絡します。

【問題の内容】
Adobe社Flashプラグインのバグにより、「Webボード」の「テキスト入力ツール」で入力された日本語が文字化けする。また、その
ようにして文字化けした文字の入力された「Webボード」の内容を表示することができない場合がある。

【問題の発生条件】
– Internet Explorer(7,8,9,10いずれも)のユーザであり、かつ2013/9/11から9/13までAdobe社から提供されていたFlash version
11.8.800.168 をインストールしているユーザ
– あるいは、Windows8とIE10のユーザであり2013/9/11のWindowsUpdate(KB2880289)を適用することによって、Flash が version
11.8.800.168 となったユーザ

【対処方法】
ご利用中のOSがWindows8以外のユーザは、Flashのダウンロードサイトから最新版のFlashをインストールしてください。http://get.adobe.com/jp/flashplayer/ 問題の修正されたFlash(11.8.800.174)が
すでに提供されています。

Windows8のユーザは上記インストールによる修正は行えません。Windows8では、Microsoft社のWindowsUpdate経由でFlashの修正バージョンが自動的に配布される予定です。Adobe社のアナウンスによると可能な限り早くリリースできるよう調整しているとのこと
です。
→ 10/7追記: Windows8版のバグ修正済みFlashが提供されました。WindowsUpdateを実施すれば、自動的に問題修正されます。