認知症検査あるある。

高齢者の健康管理において認知症であるかどうかの見極めは避けて通れません。

先日父も物忘れ外来で検査してきてもらいました。受けた検査はこちらこちら

そのうちの一つに 「これから言う3つの言葉を言ってみてください。あとでまた聞きますのでよく覚えておいてください」というのがありました。言われた言葉は「桜」「猫」「電車」でした。

2つ別の設問に答えた後、「先ほど覚えてもらった言葉をもう一度言ってみてください」と再度尋ねられて、それを父の背後で聞いていたわたしですが、悪い汗をかきました。なんとわたしは「猫」が出てこなかったのです。(なぜか父も「猫」が出てこなかった!親子似ているのかっ?!こんなところも似るものなのかっ?!)

すべての検査が終わり、専門の担当医からそれぞれの設問への父の回答についてフィードバックを聞いたのですが、その際この設問の父の回答へのコメントを受けました。「二つ目の『猫』が出てこなかったんだねぇ」と先生。「実は・・・わたしも『猫』が思い出せませんでした」というと、先生に顔をまじまじと見られて「それはそれで心配ですな」と言われていしまいました・・・ううっ。

わたしも思い出せない・・・4
わたしも思い出せない・・・

この話を、訪問看護でいらっしゃる看護師さんに言うと「ああ、認知症検査あるあるですねwww」と言われました。

 

***********************************************************************************

在宅勤務や、高齢者と一緒に生活するあれやこれやについてお話ししませんか?
メールはこちらから
mail to:  at.home.care.at.home.work@gmail.com
このブログを購読
***********************************************************************************