錦市場と比叡山。

一か月以上前のことですが(^_^;)、ある日曜日、朝から友人と一緒に京都に行ってきました。行ったのは錦市場と比叡山。友人の弟くんが京都在住だった時期があり彼の運転で連れて行っていただきました。


さすが元地元民の弟くん、京都市内を「そんなところ車で通れるんですかぃ?」というような道をすいすいと縫うように走ります。まず錦市場に到着。

 

この市場の中に著名な日本画家伊藤若冲の生家があったそうで、アーケードから下がっているのぼりやシャッターに若冲の絵画が使われていました。

 

七味のきいたおせんべいや、ふんわりとしたバームクーヘン、お漬物の試食などをした後、お昼は市場の中の京野菜のおばんざいビュッフェのお店でいただきました。京野菜がメインのおばんざいということでしたが、おいしい竜田揚げやカツ、カレーもあって肉好きな弟くんも大満足な内容でした。味付けは思っていたよりしっかりとしていてご飯がすすむ味でした。

 

昼食後は、鴨川の河原を横目で見つつ、市内を走り抜け比叡山へ。「ガーデンミュージアム比叡」という有名絵画の陶板画45点と庭園が一緒にたのしめるミュージアムに行ってきました。

 

ガーデンミュージアム比叡
(webサイトを紹介する許可をいただいております)

 

絵画と庭園を一緒に楽しむ、というのはどういうことかといいますと・・・

ガーデンミュージアム比叡の「睡蓮の池と日本の橋」
モネの「睡蓮の池と日本の橋」の陶板画が、その絵画を模して造られた庭園に展示されています。

絵画の構図の視点と同じ位置に陶板画が置いてあります。(陶板画の右側奥に橋が見えます)


比叡山の上にあるミュージアムですので、眺めがよく琵琶湖が眼下に広がります。

「ヴィクトール山」と琵琶湖
なぜここに「ヴィクトール山」?高いところから眺めている感じが似ているからかな?

 

園の頂上付近にはバラの足湯がありました。熱めのお湯といい香りでいやされました。

ガーデンミュージアム比叡のバラの足湯
花と景色を楽しみながら足湯ができます。

ここは庭園ですから、季節ごとの植物が楽しめます。また行ってみたいと思いました。

(足湯の画像はガーデンミュージアム比叡様より許可をいただいてお借りしております。

ガーデンミュージアム比叡様、ありがとうございました。)

*************************************************************************

在宅勤務や、高齢者と一緒に生活するあれやこれやについてお話ししませんか?
メールはこちらから mail to:  at.home.care.at.home.work@gmail.com
このブログを購読

*************************************************************************