在宅勤務(テレワーク)が増えています。Web会議・Webコラボレーションはその鍵

日経新聞や読売新聞に紹介されているように、計画停電に伴う通勤事情の悪化等により、首都圏を中心に在宅勤務(テレワーク)を検討する企業が増え、当社への問い合わせも増加傾向にあります。
また、『政府は、電力不足が懸念される夏場に、ピーク時間帯に大企業の工場などの大口需要家に対して電力消費量を通常の25%削減を求める対策を発表した。大口需要家に向けて通常の25%節電することを求める。また、小口需要家に20%、一般家庭でも15~20%の節電を求める。これらは電事業法27条に基づく電気の使用制限令を発動する。』との発表もあり、事業所の西への移転を検討する企業もあるようです。
在宅勤務(テレワーク)、オフィス分散、まさにWeb会議・Webコラボレーションが必要とされる状況ではないでしょうか。
弊社では在宅勤務・テレワークの概念を広げて SaaS Working Style(サース・ワーキング・スタイル) と呼んでいます。