未分類

米国事情:テレコミュート(在宅勤務)ができるなら,給料10%減もOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国から下記のような情報を送られてきました。

[引用:Silicon Valley News_2011-04-09]

アメリカの技術者は在宅を好む
人材紹介会社Dice.comが,937人のIT技術者を対象に調査したところ
「テレコミュート(在宅勤務)ができるなら,給料を10%減らされても
よい」と応えたのは35%であった。

その理由のひとつには,最近のガソリンの高騰がある。アメリカでは
交通費は支給されないので,車通勤の場合には自分でガソリン代を払わ
なければならない。

会社側にとっても,給与の支出の負担が軽くなる上に,オフィスの
スペースも光熱費も節減できるので好ましい限りである。
[2011/4/6]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加