未分類

見えるコールセンターシステム『もしもしConcierge』が第10回CSAJアライアンス大賞受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Web会議/テレビ会議を提供しているニューロネット株式会社
(東京都町田市、代表者:前川博文、03-3202-2992 http://www.neuronet.co.jp )の『もしもしConcierge』は、 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会、第10回CSAJ
アライアンス大賞
を受賞。
弊社の同賞受賞は2010年第7回に続いて二度目。

 

img_subbanner_csaj_shoujoNO10_480.jpg

 

10CSAJアライアンス大賞は、平成241月~12月の1年間に「CSAJアライアンスビジネス交流会1」でプレゼンテーションを実施した 32社を対象に、交流会で発表された製品の提携実績・商談件数・引き合い件数・将来性・市場性・技術性などをCSAJアライアンス大賞評価委員会(委員 長:山名早人/早稲田大学理工学術院情報理工学科教授)で評価、審査が行われ、優秀賞1社、奨励賞2社が決定。

CSAJ アライアンス大賞は、起業家のモチベーションを高め、市場でブレークスルーできるような日本発の企業の創出を支援するために、
平成15 年度に創設。主にベンチャー企業育成を目的として活動を行っているCSAJ アライアンスビジネス研究会が主催する アライアンスビジネス交流会において、1年間にプレゼンテーションを行った企業を対象に、 プレゼンテーションをきっかけとした提携実績、
提携見込み、商談件数および、将来性・市場性・技術性、 さらには強いアントレプレナーマインドなども含めて評価・審査が行われ、決定された。

 

第10回アライアンス大賞トロフィー01.jpg

もしもしConcierge(もしもしコンシェルジュ)は、映像と音声でコミュニケーションできるコールセンターサービス。 スマートフォンでお互いの表情を見ながら会話が行える。お客様アサインを最適オペレータへ自動で行う「WebACD(TM)機能」を持ち、資料や写真、動画などを共有できるWebボード機能、過去のお客様履歴の表示、新規お客様情報の入力が出来る「マイクロCRM機能」を装備。対面販売、受付サービス、窓口相談、通訳サービス、などの業務にFace to Faceの新しいビジネス形態を提供できるクラウドサービス。

ニューロネット株式会社、代表取締役
前川博文、20024月設立、資本金1千万円
東京都町田市南成瀬5丁目6-1台益ナルセビル2F
03(3202)2992  http://www.neuronet.co.jp