「テレビ会議(TV会議)」と「Web会議」の違い・・・徒然日記

今日は徒然なるままに、「テレビ会議(TV会議)」と「Web会議」の違いについて書いてみたいと思います。

「テレビ会議」と「Web会議」の違いはいろいろなところで
言及されていますが、私流に捉えますと、
専用機械と専用通信回線で提供しているのか、
汎用PCとインターネットで提供しているのかが、
最も大きな違いだと思っています。

何を言っているのかといいますと、
テレビ会議は、提供するメーカーが保証する仕様の専用機と
通信品質が一定の専用通信回線を使いますので、

・CPU仕様が一定以上
・メモリーが一定以上
・OSや動作環境(FlashやJava、その他等)が一定以上
・通信速度と安定度が一定以上の通信品質保証
・ハウリング防止フィルタリング内蔵のスピーカーフォンが提供される

というような環境で運用が行えます。
ですので利用者(お客様)は何も意識しなくても安定的に利用できるわけです。
ではWeb会議サービスはどうかといいますと、
個々人のPCを端末として使い、個々人の通信環境を使いますので

・CPU仕様が個々人によりバラバラ
・メモリーも個々人によりバラバラ
・OSや動作環境(FlashやJava等)が個々人によりバラバラ
・通信速度も低速(中国や電波状態の悪いモバイルカード)から高速までバラバラ
・通常はハウリング防止など考慮されていない環境で使用される

という環境で使用されます。
例えば、

・CPUはAtom、Pentium 4、Celeron等もいらっしゃるし
 Core i7、Core i5、Core i3、Core 2 Duoもいらっしゃる。
・メモリーも512MBの方もいらっしゃるし、4GBの方もいらっしゃる。
・OSはWin2000やWinNTをいまだ使ってらっしゃる方がいらっしゃれば、
 Win7やMacという方もいらっしゃる。そしてFlashやJavaの
 入っていない環境もあればちゃんと最新版が入った環境もある。
・通信速度は電波の弱いところでモバイルカード、あるいはADSLを
 共用で使って一人当たり1Mbpsに満たない方もいらっしゃれば、
 100Mbps光LANを一人でお使いになっている方もいらっしゃる。
・ノートPCのマイクやスピーカーをそのままお使いになって
 いらっしゃる方もいるし、ちゃんとヘッドセットを付けて
 お使いになる方もいらっしゃる。

羅列したバラバラの中では当然後者が良いのですが、
全員が全員、後者の環境や使い方をしていらっしゃらないのが現状です。

これらのバラバラの環境の中で、全てがANDで揃った時に
「上手く動作する」という、個人任せの提供形態が、現在のWeb会議です。
個人のPCや通信回線で専用機と専用回線の代替をしている。
それゆえ安価に利用出来るのですが、それゆえお客様は提供者(我々)が
指定する仕様に沿ってWeb会議を使っていただかないと、
不具合が発生する場合が多くあります。

こういったことを考えると、ある種の賭けのような
ビジネスをやっているようで哀しいものがあります。
もう少し時が経てば世の中のPCや通信環境が一定以上になり
我々も楽になるのですが、残念ながら現在までのPC環境、通信環境は
文字処理、数字処理程度のレベルで、動画や音声を扱うようには出来ていません。
無論我々もこういった劣悪環境の中でも安定動作するように
日々開発を続けていますが、ソフトウェアでハードウェアのレベルまで
カバーするには相当の努力が必要になります。
サーバー側ソフトだけでこれを行うのは更に難易度が増します。

Web会議を御利用になる場合、そういう中で利用いただいているということを、
少しだけ心に秘めて頂ければよいかと思います。

今Web会議は遠隔会議だけではなく、遠隔セミナーへの適用が始まっています。
特にこの遠隔セミナーへWeb会議を適用して「遠隔セミナー」を行うには
上記の、「バラバラ環境」に加えて、遠隔セミナー運用のノウハウがあります。
案外このあたりに、今後のコンサルティングビジネスの芽が潜んでいるように思えます。

ニューロネット株式会社 代表取締役 前川博文

CSAJ主催スマートなIT活用による企業競争力の強化・クラウド時代のテレワークセミナーでSaasBoardを紹介

社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)主催、社団法人日本テレワーク協会協賛で、『スマートなIT活用による企業競争力の強化・クラウド時代のテレワークセミナー』が本日開催されました。その1つの小間を頂いて無料・低価格Web会議サービスSaasBoardのお話を、デモを交えながらしてきました。皆さん熱心に聴講してくれて、日本もテレワーク時代の幕が開ける予感のするセミナーでした。テレワークを推進する上で欠かせない仕組みがWeb会議です、という話で展開し、厚生労働省や経済産業省、国土交通省、総務省からなるテレワーク推進会議が目指す、全労働者の20%をテレワーク労働者にしてゆく、という方針を下支えするプラットホームとして紹介しました。
DSCF0128-640.jpg

無料・低価格Web会議/WebコラボレーションSaasBoard出展CEATEC Japan 2010 Suiteが閉場

DSCF0060-320.jpg

無料・低価格Web会議/WebコラボレーションSaasBoardを出展しましたCEATEC Japan 2010が昨日で閉場しました。メイン館の1~6号館から通路を隔てた7号館のSuite会場でしたが、3日間の会期結構な数のお客様たちが来てくれました。

最先端IT・エレクトロニクス展CEATECですが、今年からBtoBに特化したエリアとして CEATEC Suiteが設置されました。通路を隔ててゆっくりとしたスペース配置は、お客様と展示者がゆっくりと商談できることを意図したのか、それとも申し込み社数が少なかっただけなのか・・・
前者であってほしいと思います。

さて、ニューロネット株式会社が出展しましたクラウドビジネスアライアンスプラザは、Suiteの入り口近くにあったこともあり、展示コーナー、特設ステージ、両方ともにぎあっていました。
今年はiPhone、iPad人気も手伝って、弊社が展示した無料・低価格Web会議/Webコラボレーションにもスマートフォンとの連携を質問するお客様も多くいらっしゃいました。
時代はテレビ会議からWeb会議へ、確実に変わってきているという感触を得た3日間でした。

関連記事は Web会議室で遠隔会議 【仕事と日常の徒然コラボ】 もご覧ください。

東京商工会議所にて「劇的経費削減」講演

seminar-101004-21-320.jpg

昨日、東京商工会議所で「クラウドコンピューティング時代の劇的経費削減&効率化の方法」
題して、講演を行いました。Web会議を使ったオフィス利用削減、交通費削減、通信費削減、使用電力削減、移動時間の有効活用による効率のUP(人件費の
相対的削減)、などの視点からお話をいたしました。講演後のアンケートを拝見した範囲では、概ね好評でした。これまでの経費削減の方策から大きく飛んだと
ころに経費削減ポイントを見つけ、Web会議という新しい「仕組み」を用いると言うことに、期待と戸惑いを感じられた方もいらっしゃいました。

住み慣れた世界から新しい世界へ移動するということに、我々日本人は慣れていないように思います。「現状維持」という落ち着きの中に住める時代は良かった
のですが、現代は諸外国とのお付き合いも含め、大小さまざまな変革の中に生きざるを得ない時代となっているのではないかと思います。
こういった点において、昨日の講演は参加者の心の中に「波」を提供したのではないかと思います。小波か大波かは別として・・・

この続きは、
Web会議室で遠隔会議 【仕事と日常の徒然コラボ】 にて

情報化月間推進会議

経済産業省内閣府総務省財務省文部科学省国土交通省により編成される「情報化月間推進会議」が主催し、毎年10月に催されています情報化月間は、昭和47年から続けられていますので今年で39回目になります。

国の式典他、都道府県等地方自治体においてもいろいろな催しが行われます。
本日10月1日は「情報化促進貢献個人・企業等・情報処理システムに関する大臣表彰等」の式典が行われます。
これは、経済社会の情報化の促進に貢献のあった個人または企業等を表彰することにより、情報化のさらなる促進を図るとともに、情報化に対する国民の認識と理解の醸成に寄与することを目的としています。

弊社からもこの式典に参加することとなりました。
詳しい内容は式典後に掲載いたします。
また、Web会議室で遠隔会議 【仕事と日常の徒然コラボ】にも記事を掲載しています。
そちらの方も御参照ください。

無料・低価格Web会議/Webコラボレーション
ニューロネット株式会社 代表取締役

録画録音機能、アプリケーション共有機能、高速画面共有機能

Web会議/WebコラボレーションのSaasBoardの新機能を、この10月にリリースします。
録画録音機能、アプリケーション共有機能、高速画面共有機能です。
デモや試用にお使いいただいていますサイトhttp://saasboard.netには、既に実装いたしました。

録画機能自体は既にSaasBoard全サイトのセルフチェックに実装していましたが、これをSaasBoardの中の映像・音声パネルに適用しました。録画録音したものを見るにはログ管理(会議履歴)から見ることが出来ます。

アプリケーション共有は、画面共有パネルに付加しました。画面共有のボタンの右横に付けています。このチェックボックスをONにすると、画面共有を行っている人の画面を操作することが出来ます。共有中の文書内容を変更することが出来るようになりました。また、カスタマーサポート業務を行っている方々には、相談相手の画面を直接操作し問題を解決できるようになりました。
画面を操作できるだけに画面共有を行っている方は心理的に不安感が出る場合も有るでしょうから、この操作が出来る方は、「権限者」(デフォルトは会議オーナー)のみとしています。

高速画面共有機能は、これまでの画面共有機能を3~5倍ほど高速に実施することが出来る機能です。現在の画面共有を10月になったら置き換えます。早くなった効果でパワーポイントのアニメーションやYouTubeなどの動画再生が、より自然になりました。画面共有自体の遅さにストレスを感じることも無くなりました。

この開発がほぼ完了しましたので、次はいよいよAPIを提供して行きます。
SaasBoardは、どんどん進化して行きます。

Web会議/Webコラボレーションのニューロネット株式会
(Web会議・WebコラボレーションSaasBoardを感じてみませんか?)

ニューロネット株式会社ホームページサイトのリニューアルのお知らせ

本日9月11日付けでニューロネット株式会社ホームページをリニューアルします。
これまでのページは2009年から使ってきましたが、製品やサービスの新規提供、販売方法の拡大に伴い、今のサイトでは分かりにくくなっていました。
本日リリースするサイトで分かりやすくなったと思います。

これまでのサイトもアクセスすることが出来ます。
http://www.neuronet.co.jp/jp/
これまでのニューロネット株式会社のサイトです。

これからも皆様の御要望に応じて開発や販売方法を拡充してゆきます。
これからもニューロネット株式会社そしてSaasBoardをよろしくお願いします。

Web会議アプライアンスサーバーとWeb会議パッケージ提供を開始

ニューロネット株式会社(代表取締役社長 前川博文 東京都渋谷区神宮前4-1-24オフィスイワタ第1-2F)は、顧客内にサーバーを設置し、Web会議を利用できるサービス、SaasBoardアプライアンスサーバーと、大規模顧客向けに指定データセンターへWebコラボレーションSaasBoardを導入するSaasBoardパッケージの提供を開始すると、本日発表した。
同社はSaaS型のWeb会議/WebコラボレーションサービスSaasBoardを提供しているが、これにハードウェア一体型のアプライアンス提供、ソフトウェアパッケージ提供を加えることで、更に顧客の広い要望に応えるという。

■SaasBoardアプライアンスサーバーおよびSaasBoardパッケージについて
SaasBoardアプライアンスサーバーは、サーバーハードウェアにWeb会議SaasBoardを設定した専用サーバーを提供し、導入した顧客社内のネットワークに接続して運用できるサービス。
また、SaasBoardパッケージ提供は、数千人~数万人の大規模利用者を擁する企業が指定するデーターセンターへ同社のSaasBoardソフトウェアをパッケージ導入するサービス。
近年、クラウドコンピューティングやSaaSが徐々に浸透してきているが、情報漏えい懸念や自社独自の運用の面から、自社内にサーバーを設置したい、あるいは自社の指定するデーターセンター(プライベートクラウド)で運用したい、という要望も根強い。そう言った声に応えた(前川社長談)
アプライアンスサーバー提供、パッケージ提供いずれも、契約からサーバ導入調整・引き渡し・運用サポートまで、ワンストップで提供するので顧客の面倒は一切無いという。

■SaasBoardアプライアンスの特徴と価格
SaasBoardアプライアンスサーバーは下記の3タイプが提供される。
(1)    SaasBoard/Collaboアプライアンス
同社選定のサーバー用ハードウェアに、ID型WebコラボレーションシステムSaasBoard/Collaboと顧客が指定するID数を設定し納品。ID数は100ID以上1,000IDまで設定可能。月額利用料は2,000円×ID数。
(2)    SaasBoard/Roomアプライアンス
同社選定のサーバー用ハードウェアに、会議室型Web会議システムSaasBoard/Roomを、顧客指定RoomタイプおよびRoom数を設定し納品。たとえば100名同時利用できるRoom100を1室、同50名用Room50を3室、同18名用Room18を8室というように設定できる。総合した延べ収容人数(拠点数)が50以上500まで設定可能。前記の場合、延べ収容人数(拠点数)は100+(50×3)+(18×8)=394となる。月額利用料は1,200円×述べ収容人数(拠点数)。
(3)    Collabo/Room複合アプライアンス
同社選定のサーバー用ハードウェアに、ID型WebコラボレーションシステムSaasBoard/Collaboと顧客指定のID数、および会議室型Web会議システムSaasBoard/Roomを顧客指定Roomタイプ、Room数を設定し納品。CollaboのID数とRoomの延べ収容人数(拠点数)の合計が50以上500まで設定可能。月額利用料は2,000円×ID数+1,200円×述べ収容人数(拠点数)。

いずれのタイプも初期費用500,000円(初回のみ)、設置費用別途見積りが必要。利用条件は、100Mbps以上の専有LANでの使用、3年契約、4年次以降は月額利用料半額という。

■SaasBoardパッケージの特徴
携帯電話のように、Web会議がいつでも必要な時に使えるように、全社員にIDを割り当てる大規模ユーザーも増えてきている。また、社内の会議室がいつも予約で満室で必要な時に利用できない企業も増えてきている。こういったユーザーのために、顧客が指定するデーターセンターへSaasBoardソフトウェアパッケージを導入し、顧客のプライベートクラウド構築を支援する。(前川社長談)
SaasBoard/Collaboパッケージであれば1,000ID以上、Saasboard/Roomパッケージであれば延べ収容人数(拠点数)500以上、Collabo/Room複合型であればID数と延べ収容人数(拠点数)の合計が500以上の要望に応える。価格は規模によりボリュームディスカウントのため同社へ問合せ。( info@neuronet.co.jp )

■ニューロネット株式会社について
ニューロネット株式会社は、『偏りのない情報社会、豊かなインターネット社会を実現する仕組みづくり』を標榜し活動を開始。SaaS/ASPサービスSaasBoardの提供でこの目標を推進している。移動の低減によるCO2排出削減への貢献、不動産・交通・電力などの社会インフラへの依存低減、地方と中央の差のない社会、低エネルギー社会、自然豊かなクリーン社会の実現へ貢献してゆくことを事業目標としている。

■連絡先
ニューロネット株式会社 
代表取締役 前川博文
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-24 オフィスイワタ第1-2F
電話: 03-3202-2992
電子メール: info@neuronet.co.jp
ホームページ:http://www.neuronet.co.jp

YAMAHAのWeb会議用スピーカーフォン動作確認済みに掲載

Web会議を拠点として使用する場合、1台のPCを5~6人で囲んで使用するためスピーカーフォンを使用する。1人で使用する場合はヘッドセットを使ってハウリングやエコーを低減するが、複数人だとどうしてもスピーカーもマイクもむき出しになってしまい、ハウリングやエコーの原因となる。これを低減するのが、エコーキャンセラーやハウリングフィルターを内蔵したスピーカーフォンです。国産で有名なのがYAMAHAの製品ですが、その動作確認済みWeb会議として掲載されました。弊社のサイトにもWebカメラやヘッドセットに加えて推奨製品としてYAMAHA PJPシリーズを掲載しております。
拠点としてWeb会議の利用を検討される方は、検討の一端に加えてみてはいかがでしょう?

アプライアンスサーバー版Web会議・WebコラボレーションSaasBoard

Web会議/WebコラボレーションSaasBoardはその名の通りSaaSで提供しています。しかし、大手のお客様からは、「自社のサーバーで動かしたい」という要望があります。そう言ったお客様のために、「コラボレーション・アプライアンス・サーバー」として、サーバーにSaasBoardを設定したものをアプライアンスサーバー、つまりハードウェア毎販売することとしました。
コースはID型のCollaboアプライアンスと会議室型のRoomアプライアンスの2タイプを、10月からリリース予定で検討に入っています。
ハードウェアスペックをどうするか? 価格をどうするか? お客様への導入プロセスは? など、検討中の課題も多いため、まだ正式にはアナウンスできませんが、このNEURONET Blogで、少しだけお知らせいたします。
ご期待ください。