ニューロネット|表彰実績

表彰実績

ニューロネット、総務省「テレワーク先駆者百選」に選定

Web会議/テレビ会議/スマホで見えるコンタクトセンターをSaaS・ASPで提供しているニューロネット株式会社 (東京都町田市、前川博文社長、042-785-4737 https://www.neuronet.co.jp )は、 総務省主催の令和元年(2019年)度「テレワーク先駆者百選」に選定されました。


「テレワーク先駆者百選」とは
総務省は平成27年度から、テレワークの導入・活用を進める企業・団体を「テレワーク先駆者」として選定。特に時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方であるテレワークの普及促進のため、ICTを活用しテレワークの導入活用を行っている企業・団体を「テレワーク先駆者百選」に選定し公表しています。ニューロネット株式会社は過去7年間の完全テレワークの実績が評価され、令和元年11月に「テレワーク先駆者百選」に選定されました。



報道資料:総務省「テレワーク先駆者百選」の公表(令和元年11月1日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000255.html




ニューロネットのテレワークに関する取り組み
ニューロネットは完全在宅勤務を就業規則で定め、ICT活用することによって、100%の社員が完全テレワーク(週5日のテレワーク)を実現しています。

ニューロネットは2011年3月11日東日本大震災の時に弊社代表が「帰宅難民」となってしまった教訓から、全社員完全在宅勤務を目指し、1年をかけて労務制度・人事制度の見直し、完全ペーパーレス化、情報共有システムとセキュリティシステムの整備(ICTのあり方抜本見直し)、そして自社事業であるWeb会議サービスを更に高度化したWebオフィスシステムの開発を行い、「移動の要らない仕事形態」を作り上げました。2012年5月にこのシステムや制度を稼働させ、7年3カ月を経て現在に至っています。採用段階からビデオ遠隔面接で地方採用を行い、採用後も100%在宅で仕事が出来る形態ならびに残業ゼロの仕組みに、介護女性、育児女性、地方からの就業が可能となり、潜在的な人材の活用を実現しています。

第29回中小企業優秀新技術・新製品賞 優良賞を受賞

Web会議/テレビ会議/スマホで見えるコンタクトセンターをSaaS・ASPで提供しているニューロネット株式会社 (東京都町田市、前川博文社長、電話042-785-4737、URL https://www.neuronet.co.jp )の人気製品のひとつである映像型WebRTCコンタクトセンター『Moshi Moshi Interactive』は、 りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が主催する第29回中小企業優秀新技術・新製品賞において、優良賞を受賞いたしました。

りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社は、中小企業の技術振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に、昭和63年から「中小企業優秀新技術・新製品賞」を設け、中小企業の開発した優れた 「新技術・新製品」と 「新ソフトウエア」を毎年表彰しています。

この表彰は、わが国の中小企業分野において先導的な役割を果たし、わが国産業及び社会に寄与し、優秀性、独創性、技術性、市場性が極めて高いとみられる新技術・新製品を表彰することを目的としています。

Moshi Moshi Interactiveは、ビデオチャットを通じて顧客とリアルタイムの会話が可能な映像型クラウドコンタクトセンター ソリューション。 音声のみで顔が見えないコールセンター界の常識を180度覆す画期的な製品で、音声通話に加えて映像と文字チャットでのコミュニケーションが可能。お客様とエージェントが お互いの顔を見ながら通話できるため、 会話内容の理解度や企業に対する信頼度がぐっと高まります。

通常のカスタマーサポートは、顧客が企業のWebサイトを開いてコールセンターの連絡先を調べ、自ら電話をかけるかメールやお問い合わせフォームで連絡するという手段が主流でした。 その点、Moshi Moshi Interactiveならお客様は「Webページのボタンを押すだけ」で直接コールセンターに連絡することができ、迅速なサービス享受が可能となります。

世界発信コンペティション 東京都ベンチャー技術特別賞受賞

Moshi Moshi Interactiveが東京都より革新的で将来性のある製品として評価されました。

「世界発信コンペティション」は、東京2020大会等を契機とする中長期のビジネスチャンスに向けて、 中小企業がその技術力を活かして開発した革新的で将来性のある製品・技術、サービスを表彰することにより、 新製品、新サービスの開発を促進するとともに、販路開拓につなげることを目的としています。

この賞は、各分野の専門家や有識者等からなる審査会において、「新規性・創造性」「完成度」「独自性」「市場性」「成長性」 などが総合的に評価され、都知事より授与されます。

東京都トライアル発注制度認定(新事業分野開拓者認定)授与

Moshi Moshi Interactiveが 東京都が発注・利用する優秀な商品として認定されました

東京都では、中小企業の新規性の高い優れた新商品の普及を応援するため、都が新商品を認定してPR等を行うとともに、 その一部を試験的に購入し評価をする「東京都トライアル発注認定制度」を実施しています。今回の募集には、 95件の応募があり、外部専門家等による審査会を経て、このたび13商品が認定され、Moshi Moshi Interactive は役務部門の優れた商品として認定されました。ニューロネット株式会社は東京都認定事業者として認定書の交付をいただきました。

町田市トライアル発注認定制度で2商品同時認定授与

SaasBoardおよびMoshi Moshi Interactiveは、東京都町田市が発注・利用する優れた新商品として認められました

町田市では、市内の中小企業が生産する新規性の高い優れた新商品の普及を応援するため、市が新商品を認定して PR等を行うとともに、その一部を試験的に購入し評価をする「町田市トライアル発注認定制度」を実施しています。 第4回目となる今回、ニューロネット株式会社の「SaasBoard」および「Moshi Moshi Interactive」は優れた商品として 2商品同時に認められ、町田市より認定書を授与されました。

Web会議システム「SaasBoard」は、低価格で多種類のコンテンツ共有が可能な使い勝手の良いシステムである点、 テレワーキング(在宅勤務)などを通じた業務効率化や、ワークライフバランスの改善も期待される点が高く評価されました。

映像型コールセンターシステム「Moshi Moshi Interactive」は、従来コールセンターやネット通販ではできなかった 対面応対や説明、申し込みの支援をWebやタブレット、スマートフォン上での双方向型映像「Web店舗」「Web接客」で実現できる点、 また、外国人旅行者の増加や2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた「対面通訳」、「対面ガイド」などの 「お・も・て・な・し対応」の実現できる点が高く評価されました。

Moshi Moshi Interactive ASPICクラウドアワード ベストイノベーション賞受賞

将来の世の中を革新して行くクラウドサービスであるという点が評価されました

ASPICクラウドアワードの趣旨は、国内で優秀かつ社会に有益なASP・SaaS・クラウドサービスを表彰し、 これによりクラウド事業者のみならずクラウドサービス利用者の事業拡大を支援し、 クラウドサービスが社会情報基盤として確立することを目的としています。 将来の世の中を革新して行くクラウドサービスであるという点からベストイノベーション賞を授与されました。

審査に当たっては事前に評価項目を明示して評価の透明性を図るとともに、審査にあたる選定委員には、 クラウド事業者及び利用者に直接関連の無い有識者の方を専任して公平な観点から審査が行なわれました。

第2回オープンイノベーションコンテスト優秀賞受賞 (豊洲の港から)

新規性、実現性、成長性が評価されました

株式会社NTTデータ株式会社(東京都江東区豊洲、代表取締役社長 岩本 敏男)は、 第二回オープンイノベーションコンテスト豊洲の港から(2015年8月27日開催)にて、第二次審査会を実施し受賞者を発表。 私共ニューロネット株式会社は、優秀賞を受賞しました。

このコンテストの趣旨は、株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)が、オープンイノベーションによる新規ビジネス創発活動のさらなる加速化を目指し、 ベンチャー企業、NTTデータのお客さま(大手企業)とNTTデータの3者がWin-Win-Winの関係となるオープンイノベーションビジネスの提案を募集し、優秀な提案を表彰するというもの。

評価基準 新規性: これまでにないアイディアが含まれているか 実現性: 実現することが出来るか 競合優位性: 競合との差別化要素はあるか 成長性: 今後成長してゆくビジネスか ビジネス規模: 今後どのくらいの規模のビジネスに育つか ユーザーニーズ: 営業活動で把握しているお客様ニーズに合致した提案内容か シナジー: NTTデータとのシナジーがあるか

オープンイノベーションコンテスト評価委員メンバー 委員長 山本 修一郎氏(名古屋大学教授 博士(工学)) 本荘 修二氏(多摩大学大学院客員教授・本荘事務所代表(経営コンサルタント)) 大澤 弘治氏(Global Catalyst Partners マネージング・プリンシパル 兼 共同創設者) 西澤 民夫氏(一般社団法人オープンイノベーション促進協議会 代表理事) 馬場 浩史氏(NTTドコモベンチャーズ Managing Director)

第10回CSAJアライアンス大賞 特別賞 受賞

独創性と技術力の高さが評価されました

社団法人コンピュータソフトウェア協会(東京都港区、会長:和田成史/株式会社オービックビジネスコンサルタント代表取締役社長)は、 平成25年度総会(2013年6月12日開催)にて、「第10回CSAJ アライアンス大賞」を発表( CSAJニュースリリース)。 私共ニューロネット株式会社は、アライアンス大賞特別賞を受賞しました。

CSAJ アライアンス大賞は、起業家のモチベーションを高め、市場でブレークスルーできるような日本発の企業の創出を支援するために、 平成15 年度に創設されました。主にベンチャー企業育成を目的として活動を行っているCSAJ アライアンスビジネス研究会が主催する アライアンスビジネス交流会において、1年間にプレゼンテーションを行った企業を対象に、 プレゼンテーションをきっかけとした提携実績、提携見込み、商談件数および、将来性・市場性・技術性、 さらには強いアントレプレナーマインドなども含めて評価・審査が行われ、決定されました。

評価基準 プレゼンテーション後(3~6 ヶ月間程度)のアライアンス状況及び実績 プロダクト・サービス等の市場性(市場規模や今後の市場展望、成長の見込み) プロダクト・サービス等の新規性(製品の独自性・革新性・目新しさなど) プロダクト・サービス等の技術力(新しい技術への取り組み、開発能力など) プレゼンテーション時の聴講企業評価(プレゼンの巧みさ、アントレプレナーマインドなど)

CSAJ アライアンス大賞評価委員会メンバー 委員長 山名 早人(早稲田大学 理工学術院 情報理工学科 教授)

ASP・SaaS・クラウドアワード2012 先進技術賞受賞

Web会議WebコラボレーションSaasBoardは先進的かつ高度な技術を用いたもっとも優れたクラウドサービスとして表彰されました

特定非営利活動法人ASP・SaaS・クラウド コンソーシアム(ASPIC)は、第6回ASP・SaaS・クラウドアワード2012において、 Web会議・WebコラボレーションSaasBoardを先進技術賞として表彰いたしました。

特定非営利活動法人ASP・SaaS・クラウド コンソーシアム(ASPIC)は、日本国内で優秀かつ社会に有益なASP・SaaS・クラウドサービスを表彰し 事業者及びユーザの事業拡大を支援しています。これによってクラウドサービスが社会情報基盤として確立することを目的としています。 さらにASP・SaaS・クラウド関連業界の活性化、社会情報基盤の健全な育成、さらには日本経済の発展に寄与することを目的として本アワードを実施しています。

表彰者 特定非営利活動法人ASP・SaaS・クラウド コンソーシアム(ASPIC)

表彰趣旨 日本国内で優秀かつ社会に有益なASP・SaaS・クラウドサービスであり、社会情報基盤の健全な育成、さらには日本経済の発展に寄与するクラウドサービスを表彰

後援 総務省 一般財団法人マルチメディア振興センター 財団法人インターネット協会 財団法人地方自治情報センター 一般財団法人関西情報センター 一般財団法人全国地域情報化推進協会 公益財団法人九州ヒューマンメディア創造センター 財団法人日本システム開発研究所 東京商工会議所 一般社団法人千葉県商工会議所連合会 一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会 社団法人千葉県情報サービス産業協会 公益社団法人埼玉県情報サービス産業協会 一般社団法人社会情報学会 一般社団法人日本ソフトウエア産業協会 全国ソフトウェア協同組合連合会 情報産業新聞社 日刊工業新聞社 株式会社BCN ITmedia エンタープライズ

ASPIC ASP/SaaSアワード2012の弊社紹介ページ ASPIC ASP/SaaSアワード2012の弊社紹介ページは こちら

東京都トライアル発注認定制度認定

東京都庁が実施する平成23年度トライアル発注制度に認定されました

SaasBoardは地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)代167条の2第1項第4号の規定に基づき、新商品の生産により新たな事業分野の開拓を図る者として東京都より認定されました。

この認定は、都内中小企業者の新規性の高い優れた新商品及び新役務の普及を支援するため、高い新規性など都が定める基準を満たす新商品等を生産・提供する中小企業者を、 「新商品等の生産・提供により新たな事業分野の開拓を図る者」(新事業分野開拓者)として認定する(新事業分野開拓者認定制度)とともに、 都の機関がその新商品等の一部を試験的に購入・評価する(トライアル発注事業)制度です。

認定者 東京都庁

認定趣旨 新規性の高い優れた新商品及び新役務のであり、高い新規性など都が定める基準を満たす新商品であること。

評価要件 既存製品とは著しく異なる使用価値を持つ 有用性、富生活のりげん増進への寄与など 生産、販売の確実性 都における使途見込み

東京都トライアル発注制度の弊社紹介ページ 東京都トライアル発注制度の弊社紹介ページは こちら

りそな中小企業振興財団 第23回中小企業優秀新技術・新製品賞優良賞受賞

我が国の中小企業分野において先導的な役割を果たし、我が国産業および社会に寄与すると認められる新技術・新製品として表彰されました

りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社は、第23回中小企業優秀新技術・新製品賞において、 Web会議・WebコラボレーションSaasBoardを優良賞として表彰いたしました。

りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社は、中小企業の技術振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に、 昭和63年から「中小企業優秀新技術・新製品賞」を設け、中小企業の皆様が開発した優れた「新技術・新製品」と 「新ソフトウエア」を毎年表彰しています。

表彰者 りそな中小企業振興財団、日刊工業新聞社

表彰趣旨 わが国の中小企業分野において先導的な役割を果たし、わが国産業及び社会に寄与し、優秀性、独創性、技術性、市場性が極めて高いとみられる新技術・新製品

評価基準 下記に掲げる情報処理システムであって、現在稼働し、充分な成果をあげているもの。 わが国の中小企業分野において、先導的な役割を果たし、わが国産業及び社会に寄与するとみとめられる新技術・新製品 わが国産業界の技術向上に寄与するとみられる新技術・新製品 優秀性、独創性、市場性が極めて高いとみられる新技術・新製品

りそな中小企業振興財団の弊社紹介ページ りそな中小企業振興財団の弊社紹介ページは こちら

東京都中小企業振興公社 事業可能性評価・マーケット開拓支援事業採択

東京都中小企業振興公社はSaasBoard事業を、成長性・将来性が高いと認め、継続的な支援を行う採択を行ないました。

■ 同時期に二つの採択をいただきました (1)事業可能性評価事業~新規事業プランの評価と事業化支援対象として採択 (2)ニューマーケット開拓支援事業~公社による新しい販路先の開拓の継続支援採択

東京都中小企業振興公社は、外部専門家も含めた10名の評価委員からなる委員会において、成長性・将来性が高いと認められた企業に継続的な支援を行ないます。

事業可能性評価事業: 新たな事業プランを持つ企業に対し、各分野の専門家が、事業化の可能性について評価やアドバイスを行うものです。 この評価で、成長性・将来性が高いと認められた事業プランには、公社が継続的な支援を行います。 ニューマーケット開拓支援事業: 東京都中小企業振興公社の「ビジネスナビゲータ」が中小企業の優秀な製品、高度な技術力を商社・メーカー等に積極的に紹介することにより、新しい販路先の開拓を継続的に支援する事業です。

採択者 公益財団法人 東京都中小企業振興公社

東京都中小企業振興公社の弊社紹介ページ 東京都中小企業振興公社の弊社紹介ページは こちら

政府表彰 平成22年度情報化月間推進会議議長表彰 受賞

国の情報化の推進に資し、技術的、社会的波及効果、先進性、安全性、信頼性が高く評価されました

内閣府・経済産業省・総務省・財務省・文部科学省・国土交通省により編成される「情報化月間推進会議」より、平成22年10月1日、 情報化月間推進会議議長表彰を授与されました。

経済産業省をはじめとする関係府省(内閣府、総務省、財務省、文部科学省、国土交通省)は、昭和47年から毎年10月を「情報化月間」と定め、 情報化に関する広範な行事を開催し、国民各層の情報化に対する理解を深めていくこととしております。 この情報化月間の行事の一環として、我が国の情報化の促進に多大に寄与した個人、企業等(*)を経済産業大臣等関係府省が表彰する 「情報化促進貢献個人等表彰」を実施しており、情報化のさらなる促進を図るとともに、情報化に対する国民の認識と理解の醸成に 寄与することを目的としています。

表彰者 経済産業大臣、経済産業省商務情報政策局長及び情報化月間推進会議議長

表彰趣旨 企業経営の高度化・合理化、国民の健康の増進や教育文化の向上など我が国の情報化の推進に資する情報処理システムであって、 技術的、社会的波及効果が優れているものや先進性に富んでいるもの、安全性、信頼性に優れているシステムを表彰します。

評価基準 下記A~Hに掲げる情報処理システムであって、現在稼働し、充分な成果をあげているもののうちa~eの基準のいずれかに該当するもの 。 A.医療、保健、養護等国民の健康の増進に寄与するもの。 B.教育文化の向上に寄与するもの。 C.環境問題、公害防止、交通輸送の高度化、防災、住宅対策、都市開発等社会環境の改善に寄与するもの。 D.中小企業の近代化、流通の合理化、企業経営の高度化等産業の高度化、国民経済の発展に寄与するもの。 E.IT投資の効率向上を通じて産業競争力の強化に寄与するもの。 F.行政の高度化、合理化等に寄与するもの。 G.余暇開発等日常生活の向上に寄与するもの。 H.国際的情報化の促進に寄与するもの。 a.技術的に独創性があり、従来のものと比較して優れていること。 b.技術的、社会的波及効果が大きいこと。 c.先進性に富んでいること。 d.経済性が優れていること。 e.安全性、信頼性に優れていること。

受賞者の功績の紹介文 SNSをベースとしたSaaS型のWeb会議・Webコラボレーションシステム。動画、画像、ファイル等の共有を可能とするWebボードと呼ばれる 独創的なホワイトボード機能により、遠隔会議参加者間でのシームレスな情報共有を可能とした。 導入費用が安価で、これまでに3000IDの利用実績があり、在宅勤務の促進、出張の削減などワークライフバランス促進、 地方と中央の格差減少、環境負荷低減に貢献しており、我が国の健全な情報化の推進に大きく貢献をした。

第7回CSAJアライアンス大賞 奨励賞 受賞

独創性と技術力の高さが評価されました

社団法人コンピュータソフトウェア協会(東京都港区、会長:和田成史/株式会社オービックビジネスコンサルタント代表取締役社長)は、 平成22 年度総会(2010年6月9日開催)にて、「第7 回CSAJ アライアンス大賞」を発表( CSAJニュースリリース)。 私共ニューロネット株式会社は、アライアンス大賞奨励賞を受賞しました。

CSAJ アライアンス大賞は、起業家のモチベーションを高め、市場でブレークスルーできるような日本発の企業の創出を支援するために、 平成15 年度に創設されました。主にベンチャー企業育成を目的として活動を行っているCSAJ アライアンスビジネス研究会が主催する アライアンスビジネス交流会において、1年間にプレゼンテーションを行った企業を対象に、 プレゼンテーションをきっかけとした提携実績、提携見込み、商談件数および、将来性・市場性・技術性、 さらには強いアントレプレナーマインドなども含めて評価・審査が行われ、決定されました。

評価基準 プレゼンテーション後(3~6 ヶ月間程度)のアライアンス状況及び実績 プロダクト・サービス等の市場性(市場規模や今後の市場展望、成長の見込み) プロダクト・サービス等の新規性(製品の独自性・革新性・目新しさなど) プロダクト・サービス等の技術力(新しい技術への取り組み、開発能力など) プレゼンテーション時の聴講企業評価(プレゼンの巧みさ、アントレプレナーマインドなど)

CSAJ アライアンス大賞評価委員会メンバー 委員長 那野比古(井上一郎)多摩大学名誉教授 委員  藤田憲治 株式会社日経BP パソコン局長 〃   西澤民夫 独立行政法人中小企業基盤整備機構新事業支援部統括プロジェクトマネージャー 〃   武市博明 一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会常務理事 〃   杉浦和史 杉浦技術士事務所(情報工学部門)技術士

その他の表彰・認定

情報処理学会 DICOMO 野口賞・優秀論文賞 同時受賞 情報処理学会 DICOMO 『マルチメディア、分散、協調、モバイルシンポジウム』で、 技術的先進性、社会に貢献する優秀なサービスが認められ、野口賞・優秀論文賞を同時受賞しました。

情報処理推進機構 IPA 未踏IT事業認定 情報処理推進機構(IPA)が実施している「未踏IT人材発掘・育成事業」に選出され、スーパークリエータ認定を受けました。 「未踏IT人材発掘・育成事業」は、ソフトウェア関連の分野でイノベーションを創出できるような独創的なアイデアと技術、 そして、それらを活用する能力を持つ、突出した若い逸材(スーパークリエータ)を、 優れた能力と実績を持つプロジェクトマネージャー(PM2)のもとに発掘、育成する事業です。