SNS機能強化した新たなWeb会議SaasBoard5.0を提供開始

Web会議/ Webコラボレーション/テレビ会議をSaaS・ASPで提供しているニューロネット株式会社 (東京都町田市、前川博文社長、042-785-4737 https://www.neuronet.co.jp )は、SNS機能を強化した 新たなWeb会議SaasBoardバージョン5.0を2012年2月12日より提供開始する。

【バージョン5.0各個人SNSホーム画面】
Web会議SNSプラットホーム画面

▽ …現在メールに代わるコミュニケーションとしてSNSが注目されている。ニューロネットは2008年からSNS型のホワイトボードを提供していたが、この度その機能を更に強化し新たなWeb会議SaasBoardバージョン5.0として提供開始する。SNSプラットホームでは「パル」と呼ばれる友人関係、「グループ」や「コミュニティ」という集団としてのつながりで、会議の招待や色々な情報共有が可能となる。また、プラットホームには個人のカレンダーがありスケジュール管理が行なえるようになっている。

▽ …SaasBoardはWeb会議の代表的な二つのタイプ、ID型および会議室型の両方を提供してきた。これまでそれぞれに応じたプラットホーム形態でサービスを提供してきたが、今回の新SNSプラットホームの提供を期に、両タイプのプラットホームを統一した。

「操作性、機能性が格段に向上しました。会議招待の非常に簡単になった事はもちろんの事、例えば、ID型においては従来他社では最低限2ID以上の契約が必要ですが、弊社のID型はメールアドレスで招待が可能となったため、小規模ユーザーにおいては1ID(\2,980/月or \4,980/月)契約で拠点間Webコラボレーションが可能となりました。」と前川社長は語る。

▽ …SaasBoardバージョン5.0はプラットホームを新たにするだけではなく、画面共有圧縮方式の変更および高速化、Webボード機能の強化、サーバー環境と通信方式の更なる安定化、スマートフォン連携機能の強化、など多方面の機能強化を含んでいる。バージョン5.0リリースに伴い、近日中に新しい価格体系の発表が行なわれる。

▽ …ビジネス向けBtoBを中心に展開されているWeb会議だが、SNSコミュニケーション、スマートフォンでの利用、1ID契約で安価な運用等の機能強化で、学生や広く一般に向けたBtoC市場向けのコミュニケーションプラットホームとして、販売を展開してゆくという。

◆ ニューロネット株式会社、代表取締役 前川博文、2002年4月設立、資本金1千万円
◆ 東京都町田市南成瀬5-1-6台益ナルセビル2F
◆ 042(785)4737  https://www.neuronet.co.jp



無料・低価格Web会議/WebコラボレーションSaasBoardは、多くの公的機関が認めるWeb会議です。

  • 内閣府・経済産業省等政府6府省編成情報化月間推進会議「情報化月間推進会議議長表彰」受賞。
  • りそな中小企業振興財団・日刊工業新聞社主催「中小企業優秀新技術・新製品表彰」優良賞受賞。
  • 地方自治法新事業分野開拓者認定制度認定(東京都トライアル発注制度認定)。
  • 東京都中小企業振興公社事業可能性評価採択事業。
  • 東京都中小企業振興公社ニューマーケット開拓支援事業採択事業。
  • 社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)アライアンス大賞奨励賞受賞。
  • 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)未踏IT人材発掘・育成事業の支援成果(*)活用事業。

(*) SaasBoardは、そのホワイトボードをHTMLで表現し、従来の文字入力、手描き入力、画像の貼り付けなどに加え、 Web上のデータやプログラムをホワイトボード上に展開でき、複数遠隔拠点でそれらを編集する事が出来るソリューションをWebボードとしてSaaS形態で提供してきた。Webボード機能には、情報処理推進機構(IPA) 未踏IT人材発掘・育成事業において2008年度下期スーパークリエータ認定を受けた久保田秀和氏の開発成果(『動的コンテンツの開発を可能とするWebアプリケーション』)を取り込み、HTML5やスマートフォンに対応したWebボード3.2として提供している。