熊本震災支援ニューロネットサービス無償提供申し込み受付開始

Web会議/テレビ会議/スマホで見えるコンタクトセンターをSaaS・ASPで提供しているニューロネット株式会社 (東京都町田市、前川博文社長、042-785-4737 https://www.neuronet.co.jp )は、 熊本震災を同社のサービスで支援するニューロネットサービス無償提供申し込み受付を開始しました。


熊本震災支援ニューロネットサービス無償提供申し込み受付は、同社の二つのサービスをまずは2016年内(延長も検討)無償で無制限数で提供するというもの。二つのサービスは、

  (1)スマートフォントランシーバー Voisaar
  (2)映像・音声・写真・資料共有 Web会議 SaasBoard





利用方法の説明

 (1)スマートフォントランシーバー Voisaar
Voisaarは、スマートフォンをトランシーバーとして利用できるアプリです。
通常のトランシーバーのような電波範囲がありませんので、日本中、世界中とトランシーバーのように交信できます。作成できるグループ数は無制限です。 1:1の通話の他、1グループ50名までのグループ通話が無制限グループ数、スマートフォン通信が出来る場所であれば、どこででも可能です。
震災支援作業で、複数人が離れた場所で連絡を取りながら作業を行わなければならない時に便利です。 また、被災地でご家族同士、親戚親族などグループで連絡をとるのに便利です。
インターネット通信ですから電話の輻輳を発生することはありません。




 (2)映像・音声・写真・資料共有 Web会議SaasBoard
SaasBoardは、映像・音声でコミュニケーションしながら写真や資料の共有が出来ます。ご利用はPC、スマートフォン全機種で可能です。同時9名(9拠点)まで接続できる標準コースを無償提供します。
被災現地の状況を映像と音声で話しながら、撮った写真を内蔵されたWebボードに貼れば、現地の被災状況や支援物資の状況などをWeb参加者全員で共有できます。 被災現地、支援物資状況の正確ないち早い把握・対応に役立ちます。






◆ ニューロネット株式会社、代表取締役 前川博文、2002年3月設立、資本金1千万円
◆ 東京都町田市南成瀬5丁目6-1台益ナルセビル2F
◆ 042-785-4737  https://www.neuronet.co.jp

無料・低価格Web会議/WebコラボレーションSaasBoardは、多くの公的機関が認めるWeb会議です。

  • 内閣府・経済産業省等政府6府省編成情報化月間推進会議「情報化月間推進会議議長表彰」受賞。
  • 他、数々の表彰受賞。 詳しくはこちら