暗黙的リンク

某所より引用.

コメントとか言及ってのはそんなに明示的にするべきだとは限らなくて、リンクなんか張らなくても、何か参照されてるっぽいな、ってのは感じるものだと思います。経験的には、半分以上の確率で、その感覚が当たってる。あんまり明示化しすぎると、それはそれで窮屈だと思うんですね。直接の言及でなくても、実は第三者を通じて発話の内容が届いてた、ってこともありますし。

例えば,あまりにいいコメントだったのでこうして引用して,しかし相手にリンクを張りづらく,相手さんとはよく話す友達でここ読まれてることも判っているから了解してもらえるだろう,というこの微妙さを可能とするものは,ないよりはあるほうが良い.
だから窮屈さというのはよく判るんだけど,暗黙的なリンクは相手に対するネガティブなコメントに使ってしまいがちなところが,どうにもそれを屈託なしには主張できない理由になってる.リンクにまつわる物事は,助平,という言葉でもってまわりくどく愛してやるくらいが私にとっては限界みたい.