jitsi-videobridge の WebRTC 対応

WebRTC プラットホーム Jitsi に関する検証記事です。

Jitsi Meet の SFU である jitsi-videobridge は VP8 のみ対応のため、VP8 対応以前の Safari では映像利用できませんでした。2019年3月の Safari 12.1からは VP8 対応したので、Jitsi Meet で映像利用可能となったのかを確認しました。確認は現在の最新バージョンである Safari 13.0.1 で。

【結果】

1)Jitsi Meet は Safari の Unified Plan には非対応

Safari については Plan B でしか映像利用できない。

githubのほうを確認してみると、Unified Plan に対応したいが、予定は未定である、とのこと。
https://github.com/jitsi/lib-jitsi-meet/issues/903

2)Safari 12.1.1 以降は Unified Plan がデフォルトで ON のため OFF にする必要あり

映像利用しようとすると、macOS でも iOS でも「実験的な機能」>「WebRTC Unified Plan」をオフにする手順が必要となります。一般的なユーザにご利用いただくのは無理だと思います。

なお、https://meet.jit.si で試したところ、macOS版Safari では本日時点でバグがあって、Unified Plan をオフにしてもカメラを取得できませんでした。

 3)Jitsi と Safari について

Jitsi は以前から Safari にあまり力をいれていません。iOS向けにはモバイル版Safariではなくアプリ版を使用する方針のため、Chrome/Firefox も選択可能な macOS 版のためだけに Safari 対応にリソースは割けないのかな?と思います。