在宅勤務介護日記_「生活援助」と「身体介護」

わたしは完全在宅勤務で、介護度4の母親の介護をしています。つまり同居して介護しているわけです。

介護保険で訪問介護サービスを受ける場合、同居者がいるかどうかで受けられるサービス内容は異なってきます。同居者がいると「生活援助」は受けられませんが「身体介護」は受けることができます。

「生活援助」と「身体介護」とはそれぞれどのようなものなのでしょうか。

「生活援助」は生活に必要な家事の代行と言い換えることができます。同居者*1がいる場合は原則*2「生活援助を」受けることができません。「生活援助」の代表的なものは、掃除・洗濯・料理・買い物等です。

*1 同居者とは、同じ屋根の下や同じ敷地内に実質住んでいる人のことです。(家の2階と1階に分かれて住んでいても、母屋と離れに分かれて住んでいても同居しています。実態判断なので、住民票の記載は関係ありません)

*2 ただし同居者が障害や病気のために介護できない場合や、障害や病気以外のやむを得ない事情により介護できない場合は、同居者がいても「生活援助」を受けることができます。

「身体介護」は介護される人の身体に直接触れて介護を行うサービスです。日常生活動作の向上、生活の質の向上のために、また介護される人の日常生活上・社会生活上のためのサービスです。食事・入浴・排泄・歩行・外出・身なりを整えること等の介助、専門知識や技術が必要とされるものを行います。

このうち「身体介護」は同居者がいても訪問介護サービスをしてもらえるのです。我が家は訪問介護サービスで「身体介護」をしてもらっています。

「生活援助」「身体介護」についての詳細はこちらの「改正後」をご覧ください。


***************************************************************************************
在宅勤務や、高齢者と一緒に生活するあれやこれやについてお話ししませんか?
メールはこちらから mail to: at.home.care.at.home.work@gmail.com
***************************************************************************************

在宅勤務介護日記_同居者がいても「身体介護」は受けられます

うちの母は今介護度4です。まず介護度の種類ですが、介護度4とはどういう状態かというと立ち上がりや歩行が自力ではほとんどできない、食事などの日常生活が、介護がないと行えない、コミュニケーションの部分でも、理解力の低下があり、意思疎通がやや難しい、という状態です。

こう書かれるとなんとまあ大変な状況か・・・と思われるでしょうが、この状態でもヘルパーさんの力を借りながら生活を回しております。それができるのも完全在宅勤務ならではだと思っております。

ここまで読まれると、完全在宅勤務ということは同居しているってことで、そうなると介護サービスは受けられないんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。わたしも以前はそうでした。でも介護サービスの「身体介護」の部分は同居家族がいてもほぼ無条件で受けられるのです。

介護サービスの内容は「身体介護」と「生活援助」の2つに大別できるのですが、「身体介護」と「生活援助」って何?といことはまた次回。


***************************************************************************************
在宅勤務や、高齢者と一緒に生活するあれやこれやについてお話ししませんか?
メールはこちらから mail to: at.home.care.at.home.work@gmail.com
***************************************************************************************

在宅勤務介護日記_在宅介護再び

ブログを見返すと2021年はただの一度も投稿していなかったことがわかりました。ああ…。自身の怠慢さに何の言葉もございません。

わたしの近況としましては、先月より母の在宅介護がはじまりました。
さかのぼれば昨年の秋のはじめ、母の消化器官に大きな不具合があり2回急性期病院に入院しました。そこで動けなかった時期が長引いたため、廃用症候群となってしまった母。リハビリのために転院した先でも体調不良のため本格的なリハビリはできず引き続きの療養生活となり、結局介護度4となっての自宅へのご帰還です。

一度目の消化器の不具合の後、いったん退院した間に受けた介護認定では介護度3でした。で、退院時の介護度4というのは、リハビリのため転院した病院の包括支援担当さんが「家で受けられるお世話を増やせるように」ということで介護度の区分変更手続きをしてくださっての結果です。

母も元気なころは「手がかかるようになったら施設にいれてくれていいから」と言っていましたが、それはコロナ以前の話。コロナ禍で家族もほとんど面会できない状態では家族はもちろん母も施設に入ることは微塵も望まず、自宅で世話する方法を選び自宅療養生活をはじめました。

去年の秋のはじめから先月までは、コロナ禍でご家族が病院や施設に入っていらっしゃる方々のご苦労が本当によくわかった数か月でした。介護度4の母を家で世話するのは決して楽ではありませんが、毎日「おはよう」と声をかけ一緒に顔を見ながら食事ができることがなんとうれしいことかと、ひしひし感じて毎日を過ごしています。

とはいえ、今のところ母が生活するにはすべての面で介護が必要です。それを今どうやって乗り切っているかはまた次回。


***************************************************************************************
在宅勤務や、高齢者と一緒に生活するあれやこれやについてお話ししませんか?
メールはこちらから mail to: at.home.care.at.home.work@gmail.com
***************************************************************************************